銀行系カードローン

キャッシング 実質年率 限度額 おまとめ おすすめ度 詳細
アコム 4.7%〜18.0% 500万円 あり あり 詳細へ
オリックス銀行カードローン 3.0%〜17.8%

最高800万円

あり あり 詳細へ

プロミス 4.5%〜17.8% 1〜500万円 あり あり 詳細へ
モビット 新規申込プロモーション 4.8%〜18.0% 500万円 あり あり 詳細へ
レイク 4.5%〜18.0% 500万円 あり あり 詳細へ
アイフル 4.5%〜18.0% 300万円 あり あり 詳細へ
ジャパンネット銀行 2.5%〜18.0% 最高1,000万円 あり あり 詳細へ
楽天銀行スーパーローン 4.9%〜14.5% 500万円 あり あり 詳細へ
ノーローン 4.9%〜18.0% 300万円 あり あり 詳細へ

銀行系消費者金融を利用するときの豆知識

銀行系消費者金融

融資サービスの中で、最近は銀行系消費者金融を利用する人が増えてきています。銀行系消費者金融のカードローンは、カードローン機能を搭載したカードで借り入れが出来る便利なサービスとなっています。銀行系カードローンは大きく分けて、個人向けと法人向けの二種類に分別されます。個人向けの銀行系カードローンでスト、無担保のものが主流となっていて保証人なども必要ないことがほとんどです。

 

融資額は契約している銀行などによって違いがあり、定額のものから高額融資を受けることが出来るものまで幅が広い特徴があります。融資を受けたあとの使い道はほとんどが自由となっていますが、事業資金だけは利用をすることが出来ないという制約がある場合が多いです。

カードローン会社に迷ったら総合人気ランキングへ

 

銀行系カードローンのシステム

銀行系カードローン

先ほどもお話しした通り、個人向けの場合は大半が無担保融資が可能となっています。しかし、無担保という事はそれなりに査定がありそれを通過する必要性があるのです。審査の基準はカードローンによって違いがありますが、大体年収や年齢、クレジットカードの履歴などが項目として着目されることが多いそうです。

 

カードローンを利用するためには、成人以上で安定した収入があることが条件となります。他会社のローンを利用していて融資を延滞した場合は利用することが出来ないケースもあるので注意しましょう。審査に通過した後は保証会社の保証を受ける必要があり、もし延滞などのトラブルが起きた場合は保証会社が仲介人になります。保証会社が仲介してくれるといっても、後日回収の連絡がくるので融資で借りた額は必ず返済しなければいけません。

 

カードローンで使用されているカード

銀行系カードローン

カードローンを利用するためにはカードが必要となるのですが、このカードは金融機関が発行しています。銀行が手掛けているローンカードは、2タイプあります。一つ目は総合口座で使用しているキャッシュカードにローン機能が搭載されているもの、もう一つはカードローンのみの機能だけを搭載したカードです。

 

どちらか好きな方を利用者は選ぶことが出来ますが、大半の人はキャッシュカードにローン機能が搭載されたものを選ぶそうです。近年はインターネットの普及により、インターネットバンキングが力を伸ばしています。インターネットバンキングは、カードを利用しなくても融資を受けることが出来るのでとても便利です。


このページの先頭へ戻る